舞台芸術の学生による舞踊公演

近畿大学病院で舞台芸術の学生による舞踊公演を実現させることができました。中庭で舞台芸術の学生たちが卒業舞踊を踊ってくれました。その舞踊公演の広報や演出などを文化デザイン学科のH2Oというメンバーが後押しをしました。

このときは台風の最中でものすごい雨が降っていて、直前までドタバタとしていたのですが、一回だけ公演が実現しました。工夫を凝らしたチラシのおかげもあって、入院患者さんたちは点滴をしながら、車いすを押しながら、来てくださり、舞台芸術の学生たちは雨も厭わず踊ってくれました。

土砂降りのなか患者さんたちは病院のなかで窓越しで見ていただいたのですけど、見終わった後はすごく目が生き生きしていらっしゃいました。患者さんは高齢の方が多いこともあり、現代舞踊への反応を正直なところ心配していたのですが、感想を聞くと「若い時を思い出しました」とか、「訳わからないのに勝手に涙が出ました」とか、こちらの予想をはるかに上回る反応をいただけました。

ヘルスケアアートの種類

  • 舞踊公演

施設名

近畿大学病院

施設内の設置・実施場所

中庭

関係団体

近畿大学 文芸学部 芸術学科 舞台芸術専攻 の学生
近畿大学 文芸学部 文化デザイン学科 H2Oのメンバーの学生

関連ページ

ヘルスケア・アートマネジメント シンポジウム2018「ヘルスケア・アート・マネジメントってなんだ?」2018.06.23
「療養環境におけるアートの役割を可能性」
美術家、近畿大学文芸学部文化デザイン学科教授、NPO法人アーツプロジェクト 副理事長
森口 ゆたか
https://healthcare-art.net/symposium/moriguchi2018.html

事例紹介 森口ゆたか